読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

Xserver・WordPressのwordpressのインストール方法その1

昨日までで、ドメイン名の所得および、運用開始の準備は出来ました。

最低限必要な3つの道具もお伝えしました。


今日からはWordPressのインストールを始めます。

wordpressのインストールの説明


これより、インストールの説明を始めますが、今日は、まず、インストールの初期段階の説明します。


今日説明する内容は、

1.WordPressのダウンロードと解凍

2.Filezillaによるサーバーへの接続確認

3.サーバーの中にデータベースを作成


までです。

1.WordPressのダウンロードと解凍


まず、WordPressのサイト行きます。


WordPressのサイトより、最新版のWordPress3.2.1をダウンロードします。


この圧縮ファイルがダウンロードされます。


ファイルを解凍すると、このフォルダができます。

この解凍で、昨日の「Lhaplus」を使います。


フォルダの中身は、このようになっています。
これが、すべてWordPressのファイルです。
保存しておきましょう。


以上で、WordPressのダウンロードと解凍は完了です。

2.Filezillaによるサーバーへの接続確認


昨日の「FillaZilla」を起動します。

プラグイン日本語化ファイル他・・・のフォルダがある窓はパソコン側のフォルダを表しています。
どのサーバーにも接続されていません・・・の窓が、サーバー側のフォルダの場所になります。


★重要事項
ここで、最初に必ず設定しておいてほしいことがあります。
「FillaZilla」は、ファイルなどをダブルクリックすると、勝手に転送してしまう設定になっていますので、変えます。
編集→設定→ファイル一覧で、
ファイルのダブルクリック時の操作→表示編集
ディレクトリダブルクリック時の操作→ディレクトリに入る
にします。


この作業を必ず行ってから。
まず、パソコン側のフォルダに先ほどのダウンロードしたWordPressのファイルフォルダを表示してみましょう。
・・・探せましたでしょうか。


すぐに見つけられるように練習しておいてください。
保存する場所を探しやすい場所に変更するのも一案です。


では、早速サーバーに接続してみましょう。
必要なのは、ホスト名・ユーザー名・パスワードの3つです。
Xserver契約時のメールに記載されています。
Xserverのサーバーパネル(サーバー入り口)のログイン情報の部分です。


接続すると、Xserverで契約時のドメイン名と、ムームードメインで取得したドメイン名のフォルダが作成されています。



「リモートサイト窓」の、ムームードメインで取得したドメイン名をクリックすると、フォルダに入れます。


さらに、「Public_html」のフォルダに入ると、3つのファイルがあります。
この場所が、WordPressをインストールする場所になります。

ちなみに、.htaccessをダブルクリックしてみましょう。



.htaccessが、サクラエディタで開きますでしょうか。
サクラエディタで開くかどうかも、確認願います。
サクラエディタ」も昨日説明したソフトです。


サクラエディタ」でどうしても開けない方は、Windowsの既定のプログラムの設定などで勉強してみてください。


以上で、Filezillaによるサーバーへの接続確認は完了です。

3.サーバーの中にデータベースを作成


Xserverにログインしましょう。


サーバパネルにログインします。


ドメインを、ムームードメインで取得したものに変更します。


そして、PHPのバージョンを確認しましょう。5.3.3以上ならOKです。


次に、MySQL5設定を確認しましょう。


5.0.77以上ならOKです。
MYSQLの追加」をクリックします。


それでは、MYSQLデータベースの作成を行います。
私はデータベース名は、wp01,wp02,wp03・・・とつけてゆきます。
これが、いくつでも作れるのが、Xserverのいいところです。
今回も1個目は、「wp01」にします。
文字コードは必ず「UFT-8」です。


MYSQLデータベースの追加(確定)を押します。


完了が出ます。


ミラーサイト用に、2つ目のデータベースも作っておきましょう。


追加(確定)を押します。



完了が出ます。



MYSQLの一覧を見ると、ユーザーがいない状態です。

ユーザーも追加します。


私は、いつも「wpuser」という名前で作ります。
パスワードも設定します。


追加(確定)を押します。


追加完了です。


ユーザーの一覧を確認します。


未所有ユーザーに、先ほど作ったユーザーが入っていますので、それを追加します。


追加が完了します。


再確認すると、アクセス権所有ユーザーが入っているのがわかります。

もう一つの_wp2データベースも同じようにユーザーを追加して完了を確認します。


両方のデータベースに同じユーザーが追加できて、これでOKです。


以上で、サーバーの中にデータベースを作成は完了です。


ログアウトしておいてください。

wordpressインストール前の作業終了


以上で、wordpressインストール初期の作業は終了です。


どうでしょう、むつかしかったでしょうか。


ゆっくりとやってみてください。


終える作業ごとにノートにメモしておくと、次回、簡単に行えるようになります。

この後の処理


明日からは、wordpressのインストールに入ってゆきます。

今から、自分専用の「サイト」もしくは「ブログ」を立ち上げようと思っている方は、昨日の内容に引き続き、今日から説明する作業を行えば、簡単に、一つ目の「サイト」もしくは「ブログ」を立ち上げることができます。


それも、現在で、最先端の「WordPress」のマルチサイトです。おまけに、ミラーサイトの作成方法も説明します




次回は、本格的な「WordPress」のインストールについての簡単な説明の予定です。



では、またお会いしましょう。

「さよなら」・・・「さよなら」・・・「さよなら」・・・


・ ブログランキングに参加しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・人気ブログランキングへ・・・・・・・・・・・・・・・・・・






-----------------------------------------------------------------------------
★★ おすすめの記事 ★★

  • Xserverは、WordPressのディレクトリ型マルチサイトに最適・最良!口コミ情報その1!

  • -----------------------------------------------------------------------------


    -----------------------------------------------------------------------------

  • ★★ このページを離れて、今日のトップページに行く ★★
  • -----------------------------------------------------------------------------