読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

Xserver・wordpressのインストールが途中で失敗した場合の、やり直し方

今日は、wordpressのインストールが途中で失敗した場合の、やり直し方を説明します。


ほとんどの方は、うまくいっていると思いますが、もしも・・・


インストールが失敗した場合には、ご参考に願えればとおもいます。

wordpressのインストールが途中で失敗した場合


まず、サーバー上のデータベースを消します。
Xserverにログインしましょう。


サーバーパネルにログインし、phpmyadminのデータベース管理画面に入ります。


ログインしましょう。


データベースの画面に入ります。


前回は、「データベース名wp01」で説明しましたが、今回は、「データベース名wp07」として説明します。

「データベースwp07」をクリックして、データベースに入ります。


すると、データベース内にある、11個のファイルが確認できます。
「すべてチェックする。」で、全ファイルを選択します。


「チェックしたものを削除します。」


「はい」で、削除を実行しましょう。


これで、データベースは削除されます。


一覧で確認すると、「データベースwp07」のファイル数が0個になっているのがわかります。
これで、サーバー上のデータベースの削除は完了です。



次に、サーバー上のWordpressのプログラムも削除します。

昨日の「filezilla」を開いてログインします。


前回、インストールした独自ドメイン名のフォルダを開きます。


プログラムをインストールした、「Public_html」フォルダに入り込みます。


前回アップロードしたファイルとフォルダが並んでいます。


もともとあった「.htaccess」と「default_page.png」のファイル以外は、マウスで選択して、右クリックメニューで削除します。
まず、下の方を消しましょう。


こうなりました。


次は、上の方を消しましょう。


すると、こうなります。
これは、wordoressをインストール」する前の状態ですね、前回の最初にもどりました。


念のために、「.htaccess」の中身を確認しましょう。


これが、現時点での、「.htaccess」の原本です。

以上で、初期化は完了です。


後は、前回と同じことを繰り返せば、インストールできます。




以上で、インストールが失敗した場合の対処方法の説明は終わりました。


どうでしょう、復旧の方法がわかると、多少は、安心できますでしょうか?




次回は、今、インストールしているwordpressのマルチサイト化の予定です。



では、またお会いしましょう。

「さよなら」・・・「さよなら」・・・「さよなら」・・・


・ ブログランキングに参加しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・人気ブログランキングへ・・・・・・・・・・・・・・・・・・






-----------------------------------------------------------------------------
★★ おすすめの記事 ★★

  • Xserverは、WordPressのディレクトリ型マルチサイトに最適・最良!口コミ情報その1!

  • -----------------------------------------------------------------------------


    -----------------------------------------------------------------------------

  • ★★ このページを離れて、今日のトップページに行く ★★
  • -----------------------------------------------------------------------------