読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

一人暮らしでの奇怪な音

一人暮らしをしている人で、静かな環境の中で何か作業をしている時に、変な音がしたり、寝ているときに、変な音がすると気になっている人はいるかもしれません。特に、いきなりバキっと音がするような体験をしたことがある人は多いと思います。

中には経験したことがない人もいるかもしれません。長年経験してきていると、慣れてしまうもので、あまり気にしていない人もいるかと思います。あの音は何から来ているのかというと、昼間と夜の温度差が大きく影響しているという話があります。

温度によって、家の中にある物の素材が膨らんで言ったり、逆に縮んでいったりすることで、軋みのようなバキバキとした音が出てくるようです。当然家の中にある物だけでなく、家の構造で利用している材料でも同じようなことが言えます。

時々金属音がするということで気になっている人もいるかもしれませんが、温度差が大きく影響しているようです。ただ、あまりにもバキバキなりすぎるような場合や、軋みの音が気になりすぎて、眠れないと言う場合は、しっかりと建築関係の人に見てもらった方が良いかもしれません。

時には、構造上に大きな問題があることも考えられるようです。それ以外の、ささいな物音はあまり気にしなくても良いと言えます。温度によって、膨らんだり、縮んだりすることによって、物が爆発するようなことはありません。もし爆発するようなことがあれば、それは何か別の原因があると言えるでしょう。

ちなみに夏場で、食べ物や飲み物を、常温で放置しておくと、菌が繁殖し、爆発するようなことがあるようです。
そのようなものも一人暮らしの中での奇怪な出来事として受け取ってしまいそうですが、「菌が繁殖したんだ」と考えて、冷静に対処することが必要でしょう。

むしろ爆発を起こすようなことにならないように、しっかりと保存したほうが、得策と言えるかもしれません。

一人暮らしだと、自分以外に行動を起こす人や物はないため、音に敏感になってしまうこともあります。ストレスにならない程度に気にしていくと良いでしょう。