読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

一人暮らしのご飯

一人暮らしで大きな問題になっていると気付く最初の事柄に食事があります。1日2日くらいであれば困る事もないのですが、一人暮らしになると、長期的にこの食事について考えていくことも必要になります。

慣れてしまえばどうってことないですが、慣れるまで意外と気になってしまうものです。一人暮らしの食事は、自分のモチベーションによって、その質は大きく変わってきます。食事が何よりも大切と思っている人は自然と力の入った食事になっていくでしょう。

逆に、あまり食事に興味がない、食べれれば良いと思ってしまう人はどんどん質素なものになってしまうかもしれません。おかずと食事と汁物がそろうなんてことは、滅多にないと言えるでしょう。

周囲の人にそれを話して、異常に思われてしまう事もあるかもしれません。

お金を節約したいと思う場合にも、この食事は大きな存在になってきます。一人暮らしをしていると食費が思っていた以上に、大きなものだということに気付けるでしょう。

気付けるだけでもひとつ成長したと言えますが、食費による出費が多いまま生活を続けていくのは困難です。そのため節約を考えるようになるでしょう。食費を節約する時に究極的な手段としては「食べないこと」があります。

これであれば食費がかかることはなくなり、大きく節約できることになるでしょう。ただ、こんなことができる人は滅多にいないと言えます。

たまにニュースなどで、何年も食べものを口にしていないというような人が、取り上げられる事もありますが、常識的に考えて、不可能と言えるでしょう。どこかで隠れて食べているか、もしくは、光合成のようなことをしているのかもしれません。

光合成のようなことをしていれば、文字通り超人であり、隠れて食べている場合にしても、それを長年続けているということ自体、何か優れた能力があると言うことはできるかもしれません。十分すごいと言えるでしょう。

少し話が脱線してしまいましたが、食べないことによる節約は節約ではなく、ただの不健康への道と言えるでしょう。(断食などは例外です。)ダイエットなどでも、食べないと体に悪い影響が出てくることになります。

料理の仕方などを上手くして行なう節約が、本当の意味での節約になっていくのではないでしょうか。