読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

朝起きることが出来ない

一人暮らしになってみて、朝に困ってしまう人はいないでしょうか。家族と一緒に暮らしている時に家族に起こしてもらうような人は一人暮らしで朝起きることの困難さを目の当たりにしてしまうことになると言えます。

家族と一緒に暮らしていた時から、自分で起きていた人も時に、一人暮らしで起こしてくれない人がいないことによる影響を受けてしまうこともあるでしょう。

一人暮らしをしていく中で、最初はしっかりと朝起きることが出来ていたのに、だんだんと朝起きれなくなってしまう人もいます。学校の遅刻などであれば、まだ大丈夫ですが(大丈夫というのもおかしいですが)、社会人になってからこのようなことがおきてしまうと、大きな責任問題になってしまうこともあります。

そういった面でみれば、学生のころから一人暮らしをしておくと良いのかもしれません。学生であっても、あまりに多くの遅刻をしてしまうと、しっかり卒業できなくなってしまうこともあります。朝起きれるように訓練をしていったほうが良いでしょう。

目覚まし時計で起きようと思っていても、起きれないものです。目覚まし時計は補助的なものと考えておくと良いかもしれません。気持ちよくおきれるように、眠くなる時、活動的になれない時間など、自分の睡眠リズムなどを理解しておくと良いでしょう。

そうすれば気持ちよく起きれるようになるので、目覚ましよりも早く起きてしまうこともあるかもしれません。二度寝に大きな魅力を感じてしまう人もいるかもしれませんが、そのような人はあえて二度寝できる環境を作っておくと良いです。

本来起きなければいけない時間よりも早く目覚ましをセットしておくと、安心して二度寝できます。ただ、これに慣れてしまうと、二度寝する前の目覚ましにまったく反応できなくなってしまうこともあり、無意味になることもあるので注意が必要です。

早朝におきて、夜早く眠れるようになれれば、一番良いのですが、なかなか難しいものです。最初はストレスが溜まってしまうかもしれませんが、自分の睡眠リズムをつかんでしまえば、朝起きるのが徐々に楽になるはずです。