読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

感情が上手く表現できなくなってしまった時

最近では一人暮らしを狙う泥棒や犯罪などが増えているといわれています。特に女性の一人暮らしは危険と言われてしまう事もあります。女性の一人暮らしには注意した方が良いということ昔から言われていますが、近頃は特に強く言われることがあります。

一人暮らしをしていく時に、防犯対策をしっかりしておいた方が良い事もあると言えるでしょう。どんな人であれ防犯対策をしておいて損はありません。たた、面倒くさいと感じてしまったり、何か起こることはないと思ってしまう事もあるでしょう。

防犯グッズなどを購入しなくても、鍵をしっかりかける、誰か訪ねてきた時にはしっかりと、確認してからドアを開けるなどのことをしておけば、だいたいの犯罪は防げることになります。

しかし巧妙な技術を利用してくる人の場合それでは対応し切れないこともあると言えるでしょう。簡単な防犯グッズを付けておく価値は十分あると言えます。最近の防犯グッズは利用しやすさがあがり、基本的に一人暮らしの住宅でも利用できることが多くあります。

鍵を付けたり、防犯装置を付けるなどの本格的な防犯対策も、アパートやマンションによっては可能であることが多いです。住む場所を決める時にあらかじめある程度の防犯対策がされているかを確認する事も大切でしょう。

身近で意外と役に立つ防犯グッズとしては、こしょうがあります。こしょうであればどのような人でも大抵持っていることでしょう。昔からこしょうをすうと、くしゃみが出るなどと言われているように、襲ってきた人の意識を自分からずらすことはできます。

使い方によっては消火器も有効なアイテムになります。消火器で襲ってきた人に対抗するのではなく、窓ガラスや壁などをとにかく消火器で壊すようにしていくと良いです。

そんなことがあれば異常であると隣に住んでいる人や、周囲の人はわかるので、周囲の人の意識を向けることができるでしょう。消火器を相手に向ける余裕があれば、そのまま放射していくのも有効です。

当然本格的な防犯グッズや護身アイテムに比べると威力や効果は低くなります。

とにかく誰かに知ってもらうことも有効な防犯手段や対抗手段になるので、工夫をすればどんなものでも防犯グッズにしていくことができるでしょう。