読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

失敗を引きずってしまうことが多い

誰でも失敗はしたくはないものです。失敗は成功のもとと言う言葉がありますが、それはある意味、成功した時に言えることであり、成功する望みが持てない時や、失敗している時の周囲の反応などは辛いものがあると言えるでしょう。

また失敗ばかりを繰り返してしまうと、それはそれで落ち込んでしまうものです。そのため失敗は成功のもとと言う風に切り替えて考えていくのは難しい場合が多いと言えます。

失敗をしてしまうと次は失敗したくないと思うものです。この気持ちは大切であり、またそれによって成功する事もあります。しかし時には失敗したくないという気持ちが精神的にも身体的にも過度な緊張を生んでしまい、再度失敗につながってしまうこともあると言えます。

このような失敗をしてしまうと「苦手」に感じて、挑戦しようという気持ちになることができなくなってしまいます。周囲から消極的と言われてしまい、さらに自信をなくしてしまうこともあるかもしれません。

こうなってしまうと簡単にその流れを断ち切ることができなくなってしまうこともあるでしょう。周囲の人の自分への印象を変えることに一生懸命になってしまう人もいるかもしれません。

得意なことをして挽回するという考え方もありますが、意外と自分の長所を見せることができる場面というのは少ないものです。また失敗してしまったらどうしようと考えてしまい、自分の長所を上手く見せることができなくなってしまうこともあると言えるでしょう。

失敗を引きずることによって、多くのものを一緒に引きずってきてしまうと、それだけストレスを貯めこんでしまうことになってしまいます。

失敗をするにしても、満足の行く失敗をすると意外とスッキリして引きずらないですむことがあります。失敗をしても良いということが言われる時には、満足の行く失敗を目指してみてはどうでしょうか。思いもよらない考えや、アイディアが浮かんでくることもあります。

あくまでも考え方のひとつですが・・・。