読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

奇行が多くなるのも一人暮らしの醍醐味

一人暮らしをしている時は、一緒に住んでる人がいなくなります。当然自分で好きなように生活して行けるでしょう。何どこに置こうと、何をしようと自分の勝手です。困るのも自分ですが楽しめるのもまた自分になると言えます。

一人暮らしが長い人で、奇行が増えていったと感じている人はいないでしょうか。僕自身一人暮らしをしていて、自分の行動が意味不明に思えてくることは良くあります。

何かをしまってそれがどこにあるのかわからなくなってしまった時、意味もわからず部屋のせいにしてしまう時もあります。自分の部屋が四次元空間になっているのではないかと思ってしまうこともあるくらいです。

朝起きるときに、奇声を発しながら起きることはないでしょうか。一人暮らしが長い人であれば絶対に一度は体験していると思うのですが・・・。そんな経験ないでしょうか?

いろんなものを振り回して、大切なものを壊してしまうこともないでしょうか?あると思います。きっと・・・。一人暮らしをしていると、どんどん自分の行動に歯止めが利かなくなり、おかしなことをしていることもよくあるものです。

ある程度は自分で笑ってすますことができるかもしれませんが(一人で笑っている姿は見せられるものではないでしょうが・・・)

あまりにこの行動の規模が大きくなってくると、おまわりさんのお世話になってしまうこともあるかもしれないので注意が必要でしょう。自分ではたいしたことがないと思っていても、隣に住んでいる人からしたら異常だと思われてしまうこともあるかもしれません。

大きすぎる独り言にも通じるものがあると思いますが、自分の行った行動が恥ずかしくなって、誰かと話をしているフリをするのは良くありません。大抵バレていると思っておいた方が良いでしょう。

しかも、誰かと話をしているフリは大概誰にも聞こえていないことが多いです。より恥ずかしくなるだけと思っておいた方が良いでしょう。

迷惑をかけたときには素直に謝るのが一番です。