読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

自転車で観光コースづくり

自宅内での作業、主にパソコンで文章を作ったり資料を作ったりというデスクワークなのだが、それをずっと続けているとどこかで、もうこれ以上作業が進まないという状況になる。頭が疲れるというのもあるし、じっと座っていることで、感覚的にここから“逃げ出したい”という衝動に駆られる。

そんなときは、気分転換のために自転車でその辺をふらふらと走り回ることにしている。いわゆる“ポタリング”というやつだ。

天気にもよるが、まだ真夏ではないので日差しが強くても風を受けると気持ちよく走ることができる。それほど体力があるわけではないし、日頃の運動不足もあって2時間、長くて3時間ぐらいで十分運動した気分になる。
考えてみれば、今は働き方によって大きくずれる人も多いけれど、12時、6時の昼ごはん、夕ごはんがあって、10時、3時の休憩(おやつタイム!)があるわけだから、誤解を恐れずに言えば、ある意味人間の集中力の限界の単位である。

しかし、この時間の長さというのは、観光のためのサイクリングコースの設定などするときに大事になってくるような気がする。自動車で観光するのであれば、かなり広範囲の観光スポットを対象にできる。しかし、サイクリングでの観光となれば、範囲は狭くなる。観光は苦行やトレーニングではないから、気持ちよく走り心地よい疲れの範囲に収めなくてはならない。

また、自転車で走っていると、途中で甘いものが欲しくなる。“燃料チャージ”だ。ルートの中に“ピットイン”できる和菓子屋さんなどがあったら言うことなしだ。運動しておなかが空いているので通常の観光と比べて、満足度も高まるに違いないという“打算”も働く・・・

そして逆に、車では通りにくいルート、車を気にせずのんびり走れるルート、自転車でゆっくり走ることで見えてくる景色など、新しい視点も取り入れることができる。
例えばGWだと、ちょうどツツジやフジが身頃だった。

サイクリング観光、いいかもしれない。あと、関連してアウトドアブランドをつくれたらいいなとか・・・まぁ夢だけはどんどん膨らんでいくこと。