読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

ストレスからくる吐き気は辛いものがあるでしょう(その1)

辛いことがあったり、それに挑戦しようとすると
意識しなくても吐き気を感じてしまうことがあると思います。
なかなか辛いものですよね。

吐き気はその人が悪いなどの問題ではなく
どうしようもないところがあります。
急な変化は悪影響になってしまうことも多いので難しいです。

吐き気などは胃腸などの異変などによって起こってきますが
その胃腸などの内臓の変化は神経を通して
起こってくることになります。

緊張すれば、内臓の動きが弱まり、活動するための機能が
体全体で活発になってきます。
逆もまたあるものです。

リラックスしていくと内臓の働きがよくなって
逆に、活動するための機能は低下していくことになるでしょう。

ストレスなどは緊張と大きく関係していることになります。
緊張などによるからだの反応は本来危険から自分の身を
守るために存在するものです。

そう考えると、いろいろ納得できる部分が
出てくるのではないでしょうか。

危険な状態から身を守る時に、のんびりとしていられませんよね。
急な動きに耐えられるように、心拍数が多くなったりして
筋肉の能力を引き出せるようにしていきます。

感覚も過敏になっているもので、小さな音にも反応できる
ようになっていることも多いでしょう。

ただ、想像してみてください、
いつもそんな状態になってしまうと
絶対に疲れてしまうものですよね。

ストレスがいざという時に大きな力を発揮するための
ものと言うことができるかもしれませんめ。

しかし現代では体にかかる負担による影響の方が
大きくなってしまい、上手くストレスを処理することが
出来なくなっている人が多くなっていると言えるでしょう。

ストレスによる吐き気の原因がそれだけとは言えませんが
それが影響していることもあります。

処理することができなくて苦しんでいる場合に、
ストレスを発散すればよいと言うアドバイスは
何をして良いかわからなくなってしまうものです。

緊張によって、大きなストレス反応を示している時は
その緊張を何処かでしっかり終わらせる必要があるのかも
しれません。