読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

一人暮らしで風邪などをはじめとする病気になってしまった時

一人暮らしをしていて困ることの一つの体調不良があります。
軽いものであれば自分の足で病院に行く事もできますが、
動けないものになってしまうとかなり危険です。

笑えないほどに危険な状態になってしまうこともあるので
そんな時は遠慮せずに、救急車を呼ぶ必要があります。

一人暮らしであると、危険な状態に気付いてくれる人は
限りなく少なくなってしまいます。
道端で倒れているほうが危険が少ないと言えるかもしれません。

友達や家族が気付くことができないと本当に
誰も気付いてくれない状況になることも
十分考えることができます。

またそんな状況になる前に、自分の状態を周囲の人に
知らせておくことも必要でしょう。

熱があることや、少し体調が悪いこと伝えておけば
何かあった時に、
周囲の人がおかしいと気付いてくれることもあります。

学生なんかであれば、学校を休むことを友達に
伝えておくことは大変意味のあることになります。

体調不良なんかであれば、周囲に伝えることにもなるので
より意味が大きくなるでしょう。

一人暮らしは多くの人が行なっていますが、そのリスクも
なかなか高いものがあることを自覚しておく必要が
あるでしょう。

若い人であればまだ周囲の人に伝えやすいとも言えますが、
高齢者になってくるとそれも出来なくなってしまうことが
多いです。

現にそれが社会的な問題になっていることもあります。
一人暮らしの体調不良の重大性をもって
意識した方が良いと言えるでしょう。

腹痛を抱えてしまった時なんか、
苦しい思いをした人は多いと思います。

自分でどうにかできたから大丈夫ということに
なりますが、どうにもできない時は
本当にどうにもできなくなってしまいます。

家に居る間も携帯電話をわかりやすいところにおいておき、
常に充電がしっかりされている状態を
キープしておくことは必要でしょう。

こんな何でもないように思えることが
自分の危機的状況を救うキーポイントになってくることも
多くあります。

外と連絡できる手段は確実に一つ、できれば二つは
確保できるようにしておきたいところですね。