読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

ストレスと症状の変化

自分達の身の回りはストレスとなるものが実にたくさんあります。
人間関係なんて現代では大きなストレスの要因でしょう。
しかしそれ以外にもストレスはあります。

夏場であれば湿度であったり、気温であったり
また梅雨の時期であると雨が降る事も
ストレスになってしまうことはあります。

朝起きて曇りであると
なんだかやる気が起きないなと感じてしまう
人もいるのではないでしょうか。

そんなこともストレスになってくるでしょう。
そのため常に自分にはストレスがかかっていると言って
しまうこともできますね。

ですがそんな中、ストレスをストレスと感じないのは
あまり気にしていないこともありますが、
適切な対処をしていることも多くあります。

暑かったら服を脱ぐ、雨が降っていたら傘を差す
など当たり前のことがストレス軽減になっていきます。
これが出来ないとイライラするという症状が出てくるでしょう。

症状といってよいのかわからない部分はありますが、
ストレスに対するあまり適切ではない反応となってきます。

精神的な症状から身体的な症状に行く事もあれば
このように気温的なことで、身体的なことから
精神的なことにつながっていくこともあります。

考え方によっても変ってきますが、
精神と身体のストレスは非常に似たようなもの
通じているものがあるということになりますね。

気分が優れない時に気分転換をしていくと良いといのは
このようなことが影響しているからと考えることもできます。

どうしようもない状況になりやすいストレスに
人間関係があります。

服を脱ぐなどの対処方法が非常に見えにくく
厄介なものと言えるでしょう。

精神的な症状、身体的な症状が出てきてしまう事も
多くあります。
答えが見つからないので対処が遅れてしまうこともあります。

それまで感じていたストレスがなくなったからと言って
あまり油断せずにいたほうが良いでしょう。

何らかの力で感じなくさせているだけということも
あります。人は人、自分は自分ということを
意識しておくと良いかもしれません。