読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

忍者刀と普通の刀の違い

日本刀といっても種類がいくつかありますが、特殊な刀に忍者刀があります。
忍者がよく背負っているアレです。

あの刀は普通の刀とは違い、忍者の仕事をしやすくしたり、動きやすい形態になっているとされています。

ただ、実際に背中に背負って常に行動していたかどうかはわかりません。普通にもって移動していたとも考えられています。
忍者刀には通常の刀にある、「反り」がないことが大きな特徴になります。
多くの刀はまっすぐではなく、反った形をしていることになります。あの反りがあるからこそ、日本刀は美しいと感じる人もいるかもしれません。

あの反りは見た目だけのためにあるのではなく、機能的なものが大きく影響していることになります。
軽度の反りがあるからこそ、物体を切りやすくなっていると言えるでしょう。
忍者刀にはそれがないことになります。

何でないかと言うとそっちの方が都合がよいという単純な理由になります。

忍者が刀で敵と切りあうということはほとんど無く、忍者刀は、主に段差を乗り越えるためm、あるいは、鞘を利用して、水中に隠れながら息をするためというような利用のされ方が多かったようです。刀で攻撃するにしても、意表を突いて突き刺すという利用の仕方が多かったようで、むしろ反りがないほうが突き刺しやすいという利点も合ったようです。

忍者は専用の道具が数多くあるとされていますが、意外と日常的に利用されていたものを武器として使っていたことが多いようです。
忍者とばれないようにするためにも、そのようなことが求められ、あらゆる道具を武器にすることができないと、忍者として生き残ることが難しいと言う面もあったようです。

そのため時に卑怯と思われてしまうような戦法を利用したり、客観的に見たらかっこ悪いと思えるような戦い方をしていることもあります。
忍者というと、影から忍び寄り、暗殺するというようなカッコイイイメージがあるかもしれませんが、実際はそのようなことはあまりなかったと言われています。0120808