読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

日本刀が切れるというイメージ

日本刀はとにかく良く切れるということが印象的になっています。
テレビなどでも日本刀がどれだけ良く切れるかを証明しているものもあります。
日本刀の機能は確かに高く、そして洗練されているので、良く切れることは間違いないと言えるでしょう。

しかし人が使う時にそれができるかどうかということは難しいものがあります。
固定した日本刀がどれだけ切れるかを証明することが出来ても、実際にそれを生かしきることができるかというと、生かすことができる人は少ないと言えるでしょう。
日本刀の純粋な切れ味は固定した状態で確かめることができますが、実際に使って切ることができるかどうかは、使い手に大きく関わってくると言えるでしょう。

そのためあまりにもスパッと切れるイメージを持ちすぎてしまうと、日本刀の本当の魅力を見ることができなくなってしまうこともあるかもしれません。
逆に日本刀は1回切るとダメになってしまうということもよく聞く話です。

これもまた場合によると言えるでしょう。非常に堅いものを切る場合であれば、一回でダメになってしまうこともあります。またあまりにも特殊な成分を含んでいるようなものを切る時も一回でダメになってしまうことがあります。

人を切る事もそこまでできなかったと言われていますが、それも時と場合であると言う事ができるでしょう。

また人を切ることができなかったということで、刀が使い物にならなかったと言う人もいますが、それも使い方次第と言えるでしょう。人に深く切り込むような使い方を何回もすることはできないかもしれませんが、刀の威力は、ちょっとした傷を与えるだけで、相手を戦闘不能にすることができる点にあると言えます。そのため相手を深く切り込む必要というのはなく、相手を動けなくすることが出来れば十分と言えるでしょう。そういった意味では刀は非常に大きな戦力になり得ると言えます。

また実際に日本刀の達人などであれば、体の急所を軽く傷つけ、それで先頭不能にし、後は別の方法で敵を死に至らしめるという方法を利用していたとされています。