読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

日本刀の重さについて

日本刀は決して鍛えている人にしか持てないものではありません。
持つだけであれば誰でも持つことができるくらいの重さです。
使いこなすとなると鍛えていないと難しいと言えるでしょう。

日本刀の場合ただ当てれば良いということではなく「切る」ことに
なります。
そのためただ振り回しているだけでは威力半減と言えるでしょう。

しっかり使おうと思うと、日本刀を重く感じてしまうことも
あるかもしれません。
ただ、軽ければ良いのかというとそうでもないようです。

ある程度の重さは、安定感につながり、また切る時の補助的な
役割をしてくれることもあります。

逆に力をあまり入れなくてもスムーズに切ることができると
言えるでしょう。

そのため軽すぎるというのも日本刀の機能を損なってしまう結果に
つながってしまう場合が多いです。
重さも日本刀の機能性に大きく関わっている要素と言えるでしょう。

当然あまりにも重いような場合であると、武器として使えなくなってしまう
だけでなく、移動にも非常に不便になってしまいます。
頑丈さだけが長所の武器になってしまうでしょう。

そのようなものであれば、盾などを持っていたほうが良いということに
なるでしょう。

日本刀は軽くもなく、重くもないということであるからこそ良いと
言えるのかもしれません。

当然訓練をしていってある程度の重さの日本刀が重く感じなくなってくる
というのは非常に良いことと言えるでしょう。
剣の腕の上達と言っても良いかもしれません。

必要以上の筋力を使わないで切れるようになっているとも言えます。
重くもない日本刀ですが、だからと言って誰でも使えるようになる
ということではありません。

しっかりとした訓練をする必要があります。

それでも観賞用であればあまり重さは関係ないといえますが・・
また日本刀、しかも真剣ならではの存在感から
質量以上に、重く感じてしまうことはあるかもしれません。

そのような意味では日本刀は重い武器と言えるかもしれないです。