読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

日本刀の事件は凶悪になりやすい

日本刀はキレイで貴重なものですが、
残念ながらそれが事件に巻き込まれてしまう事もあります。
大きな事件になってしまうこともあり、辛いものです。

現在で日本刀の武器としての意味が重視されることは
ないし、あってはいけないと思うんですよね。

当然、切れ味や武器としての魅力をもっておくことは
必要になってきますが、それが人に対して利用されることは
やっぱりあってはいけないと思います。

刀を作っている人も、人を切る為に作っていることはないと
思います。

日本刀は武器としても優れているので、使い方によって
現代では非常に凶悪な武器になってしまいます。
簡単に防げるものでもないでしょうね。

切れ味がたとえ悪かったり、腕そこまで立つ人でなくても
鋭利なものであることに変りなく人を簡単に傷つけてしまいます。
日本刀の事件は現代では日本刀の価値を下げてしまうでしょう。

昔であれば、人を切れることで日本刀の価値が出てきた面も
あるかもしれませんが、
今の時代にそれがあるとは到底思えません。

凶悪な武器になってしまうこともあるが故に、事件の
悲惨さというのは大きく、
凶悪な事件として扱われる事も多くあります。

日本刀は、今や日本だけのものではなく、
世界で有名な存在となっています。

今は日本刀のキレイさや機能美などが世界各国で知れ渡っている
ことになりますが、日本刀での事件が増えてしまえば、
それだけでなく、凶悪な武器としても有名になってしまうでしょう。

それでは悲しすぎますよね。
せっかくの日本の貴重な文化となってきている
ものを壊してしまうことにもなります。

日本刀は誰でも持つことができるものですが、
決して安易に人に向けてはいけないものになります。

それを理解できない場合、日本刀を持つ資格は
ないと言えるかもしれません。

ある意味では日本刀を持つための資格はこのよう部分にあると
言えるのかもしれません。

現代なりの正しい日本刀のあり方がしっかりと
維持されるようにしていかなければいけないと言えるでしょう。