読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミとレビューのブログ

管理人が実体験した口コミやレビューを記事にしたブログ

人と違うことが悪いことかについて

出る杭は打たれるという言葉が古くからありますが、これを実感したと思える人も多いのではないでしょうか。人と違うことを行なっていると、それが悪いことのように思われてしまう事も多くあります。

確かに場にそぐわないことや、それまでの流れを断ってしまうことは時に悪いことになることがありますが、しかし悪意があってそのようなことをしているとは限らない時もあります。

また時に人と違うことをやることによって、環境が劇的に良い方向に変わっていくこともあると言えるでしょう。

そのため人と違うことが悪いことかと言うとそれはどちらとも言えないという曖昧な答えになってしまうと言えます。

一番良くないのは、「〜してもムダだ」というように考えてしまうことです。しかしこれは考える人がネガティブなだけと言える事もありますが、このような考え方にしてしまう「環境」も良くないことと言えるでしょう。

独創的なアイディアや、独特な考え方は、多くの場合それを受け入れる前に、普通とは違う、自分とは考え方が違うという勝手な理由で批判をされてしまうことがあります。

そうなってしまうと、人と違うことが良いか悪いかの前に、可能性を大きく潰してしまうことになると言えます。

これは日常生活でも多く見ることができ、無意識のうちにやってしまうことが多いです。

最初はストレスを感じている人でも、だんだんストレスを感じないようにするため、そのような独創的なアイディアを自分で潰してしまうという手段をとってしまうこともあります。

これは非常にもったいないことと言えるのではないでしょうか。

人と違うアイディアや、考え方が間違っている事もありますが、その中でも生かせるものがあると言えるでしょう。

1回受け止めることがどんな人にも必要になると言えます。その上で慎重に判断していくと良いかもしれません。

否定するものが多くなると、それだけ自分の行き方を狭めてしまうことになる場合もあります。結果的に自分のやりたいことを、自分で否定してしまうことになってしまう可能性もあると言えるでしょう。